神保町たねもと眼科 女性医師が院長のアイクリニック 神保町たねもと眼科

眼科全般の診察 / まぶたの手術 / 緑内障専門医療 / アンチエイジング医療

まぶたの手術 まぶたの手術

神保町たねもと眼科では、眼瞼下垂と睫毛内反(さかさまつ毛)の手術を日帰り手術で行っています。

眼瞼下垂(がんけんかすい)

こんな症状はありませんか?

  • 本を読んだり、
    下を向くとすぐ眠くなる
  • 夜になると目が重く感じる
  • まぶたが邪魔でよく見えない
  • まぶたが重い

単なる眼精疲労(疲れ目)ではなく
眼瞼下垂が原因かもしれません。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

眼瞼下垂とは、まぶたを上げる筋肉が伸びてしまい、思う様にまぶたが上がらなくなる状態です。重度の方は額の筋肉を使ってまぶたを上げようとするので、額にしわが寄り、眉毛が上に持ち上がり三角形の眉をしています。

眼瞼下垂の原因

  • 1. 加齢による変化 :
    まぶたを持ち上げる筋肉が年齢とともに力を失い、まぶたを上げようと思っても筋肉が収縮しないので、まぶたが思う様に上がらなくなります。
  • 2. ハードコンタクトの長期間(10年以上)の使用 :
    長期間のハードコンタクトレンズ装用により、まぶたを上げる筋肉に負担がかかり、筋肉が伸びてしまい「ねむたそうな目」になります。
  • 3. 白内障手術 :
    手術中にまぶたの筋肉が伸びて術後に眼瞼下垂になる方もいらっしゃいます。
  • 4. 皮膚の弛緩 :
    まぶたの筋肉は正常でも、まぶたの皮膚がたるみで目に覆いかぶさり目が開きにくくなるのも眼瞼下垂です。

手術の方法

原理としては、まぶたを上げる筋肉をまぶたを支える板(瞼板)に縫い付けます。
手術時間は片眼40分位です。局所麻酔です。
皮膚がたるんでいるだけの方は、たるんだ皮膚を切除するだけで症状は改善します。
詳しくは、クリニックにお尋ねください。


睫毛内反 / しょうもうないはん(さかさまつ毛)

こんな症状はありませんか?

  • 目がチクチクする
  • 目にまつ毛が当たってかゆい
  • お子さんが頻繁に目をこする
  • 瞬きすると違和感がある
  • コンタクトがうまく
    入れられない

睫毛内反が原因かもしれません。

睫毛内反(しょうもうないはん)とは

睫毛内反(さかさまつ毛)には大きくわけて2種類あります。
まつ毛だけが内側に反りかえっている純粋な睫毛内反と、まぶた(眼瞼)ごと内側に反りかえっている眼瞼内反。また、部分的にまつ毛の生える向きが揃っていない睫毛乱生(しょうもうらんせい)もあります。

睫毛内反の原因と治療

  • 1. お子さんの睫毛内反(しょうもうないはん、さかさまつ毛):
    成長段階のためまぶたの大きさに比べて目の大きさの比率が小さいので、まぶたが内側に向いている事が多いです。
    お子さんのまつ毛は柔らかいので眼球の傷が少ない事も多く、目薬だけで治療できる事が多いです。
  • 2. まつ毛だけが内側に反りかえっている睫毛内反 :
    局所麻酔で、まつ毛の向きを変える手術をします。 手術時間は30分位です。基本的には二重瞼を作る方法と同じです。詳しくは、クリニックにお尋ねください。
  • 3. まぶたが内側反りかえっている眼瞼内反(がんけんないはん):
    高齢の方に多くみられます。重度の方は、下まぶたが内側に反りかえりまつ毛が正面からは見えなくなっています。下まぶたを支える筋肉がゆるんで支えられなくなっています。
    局所麻酔で、筋肉をまぶたを支える板(瞼板)に縫い付けます。 手術時間は40分位です。
    詳しくは、クリニックにお尋ねください。
  • 4. 部分的な睫毛乱生(しょうもうらんせい):
    内側に向いているまつ毛の根元(毛根)を皮膚と一緒に取り除きます。そうする事でその部分のまつ毛は生えてこなくなります。 手術時間は30分位です。
    詳しくは、クリニックにお尋ねください。